トップ 武道・武具ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

武道・武具ナビ武道のいろいろ > 剣道

剣道

剣道の画像

剣術の練習では、もともとけがを防ぐために竹刀によって稽古を行うことがありました。剣道は、この竹刀による修練を武道にしたものといえるでしょう。剣道の防具と竹刀が発明されたのは江戸時代の中期頃とされているようです。

まずは、面と小手が発明され、これによって打ち込みの稽古が可能になりました。同じ頃に竹刀も開発され、多くの剣術の流派が、防具と竹刀を採用するにいたり、現在の剣道の基礎が出来上がっていったのです。幕末の頃には、全国各地に多くの町道場ができ、防具を着用して竹刀で打ち合うことが一般的になり、それとともに「剣道」の名も広がっていったと思われます。明治維新後の廃刀令、近代化政策、西洋化政策の中で、一時、剣道は人気を失いますが、その後、警察が剣道を採用したことで、再び、民間の間でも剣道が見直されるようになりました。

さらに柔道と並んで学校体育にも採用されたため、武道の中でも大きな地位を占めていくようになります。さらに戦時中には、剣道は実際の格技として兵隊を対象にした訓練にも用いられるようになります。しかし、敗戦後、GHQは剣道を軍国主義、国粋主義の武道として禁止。剣道は一時、衰退の一途をたどることになります。

GHQの占領が終了すると、剣道は即座に復活し、1953年には全国大会が行われるようにもなりました。さらに昭和45年(1970年)には国際的な剣道の組織も誕生、剣道もまた柔道と並んで世界的な武道へと道を進めています。剣道もまた武道としての理念を持っています。それを端的に示すのが、昭和50年(1975年)に発表された全日本剣道連盟の「剣道の理念」でしょう。そこには、「剣道は剣の理法の修練による人間形成の道である」と記されています。

剣道の魅力は、やはり剣という武士を象徴する道具を利用して行うことにあるでしょう。また稽古や試合に臨む姿勢においても、常に厳しさを漂わせている、その雰囲気に何ともいえない魅力を感じる人も多いと思います。剣道が単なるスポーツではないことは、勝負が決まったときに勝者がガッツポーズや「やった」といったジェスチャーをするだけで、勝利が取り消されるといった厳しいルールにも見いだすことができます。



スポンサー広告

ネットショップ広告


武道・武具ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 武道で心を鍛える

明治時代の終わり頃に、旧制中学校の課外授業に「柔道」「剣道」などが導入され、武道は教育にも用いられるようになりました。もともと武道には、「大和魂」を鍛えるといった目的を持たせた流派もあり、技を鍛えるにあたって、身体と精神は不可分のものととらえられていました。そのことが現在に続く、武道とスポーツが少々、一線を画したものとしてとらえられる原因のひとつになっています。 「武道」でいう「心」とは、一般に「大和魂」とも呼ばれる「日本人の武士の心」を指すと考えられます。この点において、

武道・武具ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。