トップ 武道・武具ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

武道・武具ナビ柔道を知る > 柔道を始めよう

柔道を始めよう

柔道を始めようの画像

柔道は屈強な男の武道というイメージを持っておられる方もいるかもしれませんが、実際にはそんな人だけが柔道をしているわけではありません。試合にもウェイト制が取り入れられているため、小柄な方から大柄な方まで、また男女を問わず親しむことができます。柔道の魅力は、柔能く剛を制す、の言葉で表される通り、どんな人でも、鍛錬、稽古を続ければ、強くなり、自分に自信を持つことができるようになることでしょう。さらに重要なことは、柔道を通じて人間を磨き、人として立派であろうとする精神が生まれてくることです。

そういう意味では、礼に始まり礼に終わる柔道は、教育的効果がとても高く、それが早くから学校教育の場にも取り入れられた理由の一つでしょう。幼い頃から柔道に親しむことによって、強気をくじき、弱気を助けることができる、たくましく優しい人間形成が可能になるかもしれません。幼い子供に柔道を始めさせる親が多いのも、そうしたことを期待してといえるでしょう。

もちろん柔道はまったく危険のないスポーツではありません。相手を攻撃する技とともに、自分の身を守るための受け身を習得するためには、幼い頃から柔道を始め、自分の身体に習得させるのが一番です。しかしある程度、年齢がいってからでも、柔道を始めることは可能です。それは男女を問いません。もちろん、そうした教育技術を持った師範に教えてもらうことが重要ですから、どこの道場でもよいというわけではないかもしれませんが。

現在では、多くの人に柔道に親しんでもらおうと、道場でも様々な工夫をしています。また地域の学校などを会場に、サークルとして柔道を行っているところも少なくないでしょう。そうした情報をまめに集めれば、自分の身の丈にあった練習ができる柔道場をきっと見つけることができるでしょう。そして自分の人間力を磨きましょう。

柔道を始めたり、続けたりすることで、かけがえのない友人を得る機会もできるかもしれません。日頃の運動不足を解消するとともに、多少なりとも、厳しさのある場に自分をおいてみたいと考える方なら、柔道を始めるのに、もう遅すぎるということはないのです。ぜひ、気軽に相談してみましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


武道・武具ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 柔道の技(2)

柔道の足技には、大内刈り、大外刈りなど、誰でも知っているような大技があります。大内刈りは、相手の懐に入って内側から足を刈り、後ろ側に倒す技です。身体の小さな選手が身体の大きな選手にかけることも多く、きれいに決まれば、まさに「柔よく剛を制す」といった状態を目の当たりにすることができます。小内刈りと大内刈りを連続的に使用して相手を後ろに追い込むこともよくあります。 大外刈りでは、引き手を効かせて相手の重心を崩し、足を払って倒します。大外刈りでは相手は後ろに倒れます。見ていてもダ

武道・武具ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。